ハローワークを使う

ハローワークを活用することで求人を集めやすいです。企業の住所を管轄するハローワークで申し込みをすることによって、ハローワークの情報端末に求人情報が掲載されます。事業所登録シートと求人申込書に内容を記載すると、それが求人票に反映されます。ハローワークの運営するウェブサイトであるハローワークインターネットサービスへの公開も、希望することによって求人情報を掲載することができます。

ハローワークを使って求人情報を掲載することのメリットは、採用コストがかからないということです。料金が手軽なため、使いやすいという声もあるようです。条件によっては助成金が出るというケースもあるので、コスト面では優秀であると言えるでしょう。しかし、デメリットとしては、各工程での手続きに手間がかかります。掲載や選考で時間がかかることで面倒だと感じるかもしれません。また、情報量が少なくなってしまうため、採用したいターゲットと異なる応募となってしまうことがあります。

ハローワークでの求人は、採用に予算を割けないという企業や、助成金の対象となる人材を探している企業におすすめです。しっかりと特徴を把握したうえでハローワークを活用することによって、人材獲得へ一歩近づけることでしょう。