大学・専門学校を使う

求人募集をする際には、大学・専門学校に情報を掲載するという方法があります。大学や専門学校の就職課に求人票を提出することで、掲示板や学内システムへ受付をすることができるのです。申し込みの手続きは学校によって異なるため、ホームページなどで確認する必要があります。

主な方法としては、申込書をホームページでダウンロードしたのち、ファックス・郵送・学校の求人受付サイトにて申し込む方法に分かれます。学校によっては企業側の求人票フォーマットでも受け付けてくれるところもあるため、見逃さないようにしましょう。

メリットとしては、大学・専門学校別の特徴をホームページなどの情報から、採用ターゲットを絞り込むことが出来る点です。強い学科や専門分野に長けている人材が欲しいという企業にとっては、学生がどのような勉強をしているのかある程度読むことが出来るため安心感があるようです。デメリットとしては、応募の数が読めないという点です。また、複数の学校に掲載するときに手間や時間がかかることも注意しましょう。

新卒やアルバイトを採用したい企業にとって、学校での求人はよく活用されます。また、学校の専攻を重視する職種を募集したいときにも良いかもしれません。