求人媒体を使う

人材を採用したい時に活用されがちな求人媒体ですが、その種類も大きく分けて2種類に分かれます。1つはウェブ媒体です。ウェブ媒体やインターネットを利用しているもので求人サイトに求人情報を掲載する方法です。紙媒体は新聞や情報誌、フリーペーパーといった媒体に求人情報を掲載する方法となっています。

ウェブ媒体を活用する場合には、採用条件などといったお馴染みの情報から、職場の雰囲気、働いている社員のメッセージといった情報を多く掲載することが可能となります。このことによって、会社の雰囲気を非常にわかりやすく伝えることが出来るというメリットがあります。

紙媒体は地域密着という特徴があります。無料の求人情報誌はコンビニや駅などで設置されているため、地元に根ざした求人をしたいという企業に向いています。エリア発行をしているケースも多いため、地元に強い企業であれば紙媒体の方が良いという意見もあります

主にウェブ媒体を利用する企業は、複数名の採用を考えている企業や、若い人材を求めている企業に向いています。一方で、紙媒体を利用する企業は、飲食やサービス業といった求人をする企業や、地域に密着した企業に向いているようです。